http://youtu.be/d9y2NBEeoUM
So-net無料ブログ作成

ブラッケン・ムーア荒地の亡霊 [舞台]

 ライオンキング終わって、宝塚劇場の出待ち?凄い大勢の人がスマホで撮影準備[わーい(嬉しい顔)][わーい(嬉しい顔)][わーい(嬉しい顔)]それとも、映画の初日舞台挨拶かなあ?まあ~ニコにはシアタークリエがあるからどうでもいいです。座席は正面ではなく、天皇陛下が座るような席でした。というのは、座席は2つしかなく、上から全体が見ることができる。これってラッキーですよ。そういえば前日荒地の亡霊て?誰が出るのかなあ?と今更調べると、岡田将生、木村多江、益岡徹えええええええ!まじで???勘で購入するニコ[わーい(嬉しい顔)][わーい(嬉しい顔)]ブラッケン・ムーア荒地の亡霊ストーリー

1937年、イギリス・ヨークシャー州。裕福な炭鉱主のハロルド・プリチャード(益岡 徹)の元に、ある日エイブリー一家が訪ねてくる。かつては家族同士で仲良くしていたのだが、10年前にハロルドの一人息子・エドガー(当時12才)が、ブラッケン・ムーアという荒野の廃抗に落ちて亡くなった事故をきっかけに疎遠になっていた。それ以来、エドガーの母親・エリザベス(木村多江)は家の中でふさぎ込んでおり、彼女を励ますためにエイブリー一家はプリチャード家に数日、滞在する予定だった。エリザベスはエドガーの親友であったエイブリーの一人息子、テレンス(岡田将生)と再会すると、亡き息子への思いを溢れんばかりに話し出した。

しかしその日から毎晩、うなされたテレンスの恐ろしい叫び声が、屋敷中にこだまするようになる。テレンスはエドガーの霊が憑依し、何かを伝えようとささやいてくると言う。やがてエドガーの霊に憑りつかれたテレンスは、事故現場であるブラッケン・ムーアに向かう。そして事故当時の知られざる真実が、少しずつ明らかになっていく――。

 感想~テレンスが本当にエドガーに憑依してしまったのか?普通に会話しているときに、エドガーとエリザベスしかしらないことを突然言って、ハロウドはずっと演技をしているんだという。エリザベスはテレンスが本当に憑依していると信じていた。最後の最後に大どんでん返しにびっくりしました。岡田将生本物?肉体美も見れて最高でした。

シアタークリエのスタッフ休憩時間にトイレに行こうとしたら、ニコの隣の女性がトイレに入っていたので、下に降りてトイレに行こうとしたら、「どこにいくんですか。」と言われて、「トイレです。」と言うと、「こちらのトイレを利用してください」という。声が女性に聞こえてますよ。ちょっと焦らしたかも?と思いながら、1階に降りてハイボール超うまかった。

 ニコ写真カモーン

IMG_0029.JPGIMG_0030.JPG

   ニコ次は???????

 


nice!(40)  コメント(5) 
共通テーマ:アート

nice! 40

コメント 5

ニッキー

良い席で楽しめて良かったですねぇ( ^ω^ )
by ニッキー (2019-08-21 07:26) 

naonao

舞台観劇は、豪華な俳優陣をいい席で観られて
よかったですね♫
by naonao (2019-08-21 08:24) 

リュカ

うぬぬぬ、これは面白そう!!!!
by リュカ (2019-08-21 08:38) 

Boss365

こんにちは。
良い席だったみたいですね。観る気分が違ってきますね。
木村多江さん、良いなー!!会ってみたい女優です!?(=^・ェ・^=)
by Boss365 (2019-08-21 10:14) 

coco030705

こんばんは。
岡田将生さんは、今演技力がとても評価されていますね。これからも活躍してほしいです。面白そうなストーリーの劇だなと思いました。
by coco030705 (2019-08-21 23:51) 

コメントを書く

お名前:[必須]
URL:[必須]
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。